たからもの。

春風吹くように僕らは巡り逢えた

新規であること。

私はにゅーすファンだけど、ド新規です。

 

ド新規なりににゅーすのいろいろあった頃を知ろうと思って、いろいろネットでそのころのライブレポなんかをたくさん見たりして。

もちろん美恋も見たりして。

 

ふつうに泣いたよね。いや、ふつうなんかじゃなくて、自分でもよくわかんないくらい泣きました。

でもそれがなんの涙だったかって聞かれても。感動?共感?同情?

感動したっていっても、そのころのファンの気持ちなんてちっともわからないくせに。ファンとかメンバーの葛藤とかもなにもわからないくせに。って私自身だって思ってる。し、その頃からファンだった人に対して、美恋のDVDってほんと泣けるよね〜なんて絶対に軽く言えないなって自分でも思うし。

 

どういう気持ちで、DVDを見ればいいかなんてわかんないし、どんな態度だったらそのころのファンの人たちに嫌な気持ちをさせないかなんて分かりません。ほんとに。

 

にゅーすからいなくなっていったメンバーのことをどう思うかっていわれても、正直わかんないし。

 

私のいいように捉えてるだけかもしれないけど、いつからファンだったかなんて関係ない、みたいなことをシゲアキさんが言ってたラジオの音源を聞いた気がするの。その言葉で、ド新規であることを負い目に感じなくてもいいかなとか思ったりもしてね。

 

書いてもよくわかんないけども。でも。にゅーすを応援しはじめる時期が遅くなった分、にゅーすを応援できることに感謝して、私なりに愛をたくさん伝えられたらって思います。いつも幸せをわけてくれて、ありがとう。